台一生態レジャー農場

どこでもすばらしく見事な世界
【南投県.埔里鎮】

 「台一生態レジャー農場」には花、植物品種がたくさんあり、苗の育成に専門知識を持って、植物生態学を経験する優れる場所であるだけでなく、農業生産への理解、農場生活を体験するには絶好の場所で、蝶の生態系があり、鳥、動物を鑑賞することができ、手作りDIY活動を参加することにより、花や植物を利用して創造的な芸術と組み合わせて実際に経験することもでき、環境教育のために「自然生態を認識し、環境保護を重視します」の望まを達成することができます。

  • 認証プログラム:體驗 餐飲 住宿
  • 有効期限:2011/01/01~2018/12/31

《農場の紹介》

 「一つの種子から、命の素晴らしさを観察し、鮮やかな花の香りで多彩な人生を飾ります。」これは「台一生態レジャー農場」のオーナーが苗圃をレジャー農場にチェンジする初心です。数年来、この経営理念を守り、この50ヘクタールの農場は花や植物で飾り続けり、どこでも鮮やかな色の花が見え、どんなコーナーもロマンチックな花で満たされていて、本当の「花のキャッスル」になります。

 農場にはいくつのテーマパークを設置しており、異なる大きさと形状の「仙人掌(サボテン)生態園」、シダは生育しているジュラシック·パークのような「雨林風情館」、様々な種類の蝶が成長している「蝶舞館(蝶踊り館)」などがあります。さらに、孔雀、オンドリ、ハトやその他の美しい鳥を飼っている「悅鳥園」、及びいくつの環境保護のための彫刻品が展示され、おとぎ話の雰囲気が溢れている「緑彫刻公園」があります。また、庭に流れている小川もパピルス、ラクウショウ、ヤナギ、野生の生姜の花などの親水性の植物が植えられ、豊かな緑がいっぱい美しい植物の景色です。

 ケータリングや宿泊施設サービスの方面に対して、「台一生態教育レジャー農場」も特徴である計画しており、水上ガーデンレストラン、コーヒー花屋、ロマンチックな水上小屋、花の屋などがあり、2010年に新しく完成したホテル会館は「楓樺台一花泉卉館(花泉会館)」と「南芳花園餐廳(ガーデンレストラン)」が二つがあって、観光客に花の中でゆっくり休暇できることを提供します。

體驗《レジャー農場の体験》

 「台一生態レジャー農場」の資源条件がすごく良くて、昔からの花、野菜、苗を植える苗圃を経営した経験に基いて、オーナーからのオリジナルのアイデアで、今の「花の精緻農業」を創造し、神農賞を受けたことがあります。今までも農業生産は農業経営の重要な項目で、花精油、花ティーバッグ、精油石鹸、花料理などが含まれ、すべて主要製品であり、そしてこの基礎により、農場の体験の特性を作り、他の産業と結合して関連専門家も導入し、農場のスケールも徐々に展開されます。

 農場のメイン名資源は花の植物及び全体的な生態環境で、そして農場とその周りの環境資源に対してよく計画しており、例えば、水資源と生態工学手法を利用して、緑の建物の概念を実装し、完全に「生態、レジャー、教育」の特性が表せるだけでなく、強力な農場の「花」の印象を作成します。

 レベル高いプロのガイドさんは、観光客に全体の農場の環境生態を理解され、DIY体験活動も多様化、生活化だけでなく、クリエーティビティーもあり、農場に既存している植物を生かして、多種の項目を開発され、Tシャツ拓本、花キーリング、押し花うちわ、ミニ盆栽組み合わせなどが含まれます。

餐飲《レジャー農場の飲食》

 農場のケータリングは主に水上ガーデンレストラン、コーヒー花屋があり、水の風景と調和しているアーキテクチャと花造園で独特の雰囲気があり、非常に特性を持っています。食事は郷土料理で、地元の食材を生かして、花も食材として使われ、例えば、有機バラ、蓮の葉、バニラなども使っていて、主な特徴です。

 新しく建てられたシステムキッチンは明るくて爽やかな感じられ、清潔な環境及び排水、排気システムが完璧で、良好な職場環境を提供します。また、新しく建てられている「南芳花園餐廳(ガーデンレストラン)」も花、緑の建物のコンセプトで現れ、光と動線がよくて、とっても魅力を持っています。

住宿《レジャー農場の宿泊》

 農場の宿泊エリアは「水上花屋」、「花卉驛棧(花の屋)」及びもっとも新しく建てられた「楓樺台一花泉卉館(花泉会館)」が三つの部分に分けています。全体的に広い公共空間で快適性と安全性を持ち、そして耐火材料と防煙設備を使用し、関連する規制に準拠しています。デザインの方面に対しても、非常に拘りで、例えば、「楓樺台一花泉卉館(花泉会館)」はテーマとして異なる段階が異なるスタイルで分離し、「花卉驛棧(花の屋)」は部屋のベッド、お風呂、洗面器に対しての空間配置及び動線の手配も創造的なコンセプトを持ち、「水上花屋」は建物が花壇と水辺を調和しており、ユニークなデザインです。また、お客様のルームはよく管理してからとっても清潔で、備品も揃っており、そして環境保護も強調し、例えば、ルームの中のカップは再利用および識別のため、異なる色を準備しており、非常に快適な宿泊施設を提供します。

《旅行の推奨》

  • 雨林風情館/シダがいっぱい熱帯秘境

    このテーマパビリオンはメインに熱帯植物が植えられ、シダがいっぱいで緑があり、謎の雰囲気が溢れていて、熱帯雨林にいるような感じがさせます。また、パビリオンの中に流木を使っているパスをデザインしているので、歩く時にちょっとバランスをとる必要があり、冒険旅のような感じさせ、自然な雰囲気を創造し、体験できる情況でだれでもチャレンジしたいでしょう。

  • 蝶踊り館/蝶の生態教室

    埔里にある「台一生態レジャー農場」は、早期に「蝶の王国」の美称があり、但し、その後人々からに捕らえられ、蝶の生息地が破壊され、もう蝶で囲んでいる山が見えなくになります。このイメージを「復刻」するために、農場は様々な廃棄有機物を再利用して、「蝶踊り館」が建てられ、中に蝶に対して必要がある多種の植物が植えられ、館の中と外には舞う蝶が再現できるだけでなく、非常に意味がある生態学的な指標教室が建てられ、観光客が蛹を破り蝶は舞うことを観察することができます。

  • 水上花屋/水路に囲まれたロマンチックな小屋

    これは農場に最も特別なルームで、その外観がかわいいヨットみたいで、ルームの前に温室植物園があり、ルームの後ろに専有のテラスがあり、テラスの側にロマンチックな水路であり、小屋のドアーを開けたら、テラスの上に立って、近くに泳いでいる黒いスワンを見ることができ、水の中で遊んでいる鯉も見えます。

    天井が高くて圧力がないルームの中に木の香りが溢れています。ベッドの選択も非常に特別ですが、バージュ·アル·アラブと同じレベルで、米国の宇宙機関(NASA)から認定された「感温ベット」で、マットレスがブラジルにおける天然トルマリンを含むだけでなく、備長炭が含まれているハイテクマットレスが遠赤外線の機能を持って、マイナスイオンがリリースでき、観光客にリラックスして安眠できるルームです。

  • クリエイティブフラワーの饗宴/スペシャリティの花料理

    農場で季節により咲いている花から作られた料理は「台一生態レジャー農場」の特色です。例えば、キンレンカ、石の蓮の花、有機ローズ、ベゴニアの花、野生の生姜の花などはシェフは料理に入り込んで、食用の有機花の食材を料理に加え、創造的な花の色からだけでなく、味も花により一般的なお皿とは異なって、香りと味とテクスチャーが試してみる価値あります。

  • 植物DIY活動/花と草の手作りの楽しさを体験します

    農場に多様な花がうえられているから、観光客に対してもいろいろな手作りの体験活動を開発し、さまざまな創造的な家庭用のアイテムを作り、例えば、拓本技術を利用して白いシャツに花びらと葉のパターンが印刷され、思い出になれる記念シャツが出来上がります。押し花技術を利用して、美しい花を創意工夫することによりキーリング、ノート、カードに入り込んで、ニークな個人的な用品になり、面白くて実用性があります。

《データー》

  • 住所:545南投県埔里鎮中山路一段176号
  • 電話:+886-49-299-7848
  • ネット:www.taii.com.tw
  • 公共輸送:新幹線で台中駅に到着してから南投バスで埔里ステーションを降りて、清境農場や霧社方向へ行きの南投バスに乗り換えて到着できます。
  • 車で:国道6号埔里インターチェンジを降りて→霧社方向へ行きの台14線(中山路)を走り続き→看板の指示に従って農場を到着できます。
  • GPS:E 121°00'22" N 23°58'40"