広興リゾート農場

「豚のすみか」から伝説の大地へ変身
【宜蘭県.冬山郷】

 養豚場からリゾート農場に転じた「広興農場」は、もとからある養豚業の特質をフルに生かしており、自然環境、農作業小屋の建築、体験コース、レストランも一貫性をもって企画されており、来訪者に強い印象を残します。農村の生活や文化の味が濃厚で、環境体験や教育に最適の場所です。

  • 認証プログラム:體驗
  • 有効期限:2011/01/01~2018/12/31

《農場の紹介》

 羅東市の郊外に位置し、「鴨母寮」(鴨のねどこ)、「豬哥窟」(豚のすみか)として伝統の農村環境の特色を色濃く残していて有名な「広興農場」は、もともと大型の豚の繁殖場でしたが、口蹄疫病事件の影響を受けてオーナーが事業転換を試み、四年間の努力を重ねました。残された資源を生かし、放置されていた施設を改造して、農林水産業の特徴を兼備する、印象深いリゾート農場を作り上げています。

 ここに来ると、豚小屋を改造して築いた窯でサツマイモや地鶏を焼いたり、昔の農家で鴨を世話するために建てた「草寮房舍」では、近距離から、豚、羊、ウサギ、鶏、鴨に接することができるし、泉が湧き出ている農場内の池では、「シジミ取り」もできます。しかも、ここではテラピアも養殖しているので、水遊びしながら魚介類の生態に親しむことができます。水面上の鴨、水中の魚、河エビ、野生のシジミ、そしてオランダガラシといった水生植物が微妙な連鎖を形成していて、興味が尽きません。次は豚小屋を改造した半露天のレストランへ。本場の台湾料理を味わえますし、自分で取ったシジミを料理してもらう楽しみもあります。満腹になったら農場の「生態後方ガーデン」を散歩してください。稲わらの山、ハクモクレン、カンナ、夫婦樹など、さまざまな植物が自然の風采を見せて、リゾート農場の快適さを味わうことができます。

體驗《レジャー農場の体験》

 「養豚場」から「リゾート農場」に転じた広興農場では、農業生産、農村の生活、農村の自然生態といった特質を前面に押し出しています。経営面では、稲わらや竹といった地元素材を建築に取り入れて、放置されていた施設を復活させ、窯焼き活動、シジミ取り、豚小屋、養鴨場の見学に利用しています。環境保護活動のレベルも高く、生態に配慮して来訪者が渓流の上流へ出ることを禁じたり、ホタルをよみがえらせる活動に取り組んでいます。

 加工品では、豆腐腐、そしてキュウリなどの漬物を作る伝統がある一方で、珍しい、手編みのハンモック、チェアハンモックもあります。園内のガイド案内から体験コースまで、すべては農場の資源と関連性があり、スタッフも、参観者が農場の魅力を感じることができるよう訓練されており、全体的には、おもしろくて、ためになり、独自性をもっていると言えます。

《旅行の推奨》

  • 農村焢土窯/豚小屋を改造した窯焼き場

    「焢窯」とは田舎でよく行われる窯焼きですが、「広興農場」のはちょっと変わっていて、豚小屋を改造したところに窯を築きます。空間も百人を同時に収容できるくらい広く、実際に土の塊を重ねる窯作りに参加できるだけでなく、サツマイモ、トウモロコシ、地鶏、魚を焼いて食べられるので、おもしろくて、おいしい活動です。

  • 豚の陶器絵付け/カラフルな豚の貯金箱

    もともと養豚場だった「広興農場」では豚の置物を縁起物としており、これを体験コースに取り入れて「豚の陶器絵付け」活動を用意しています。スタッフの指導に従って白い陶器の豚に顔料を塗っていくだけで、おもしろい自分だけの記念品の出来上がりです。

  • シジミ取り/取ったその場で食べる新鮮さ

    農場の天然湧泉池には多くの魚、エビ、シジミがいます。ズボンをたくし上げてシジミ取りがしたければ、わずかな体験料でチャレンジでき、「戦利品」はそのまま持って帰れます。その場で食べたければ、調理サービスのスタッフに頼めば、新鮮なシジミを料理してくれます。レストラン正規の料理としては、河エビ揚げ、ゆでた鶏肉、ネギと切干ダイコンの卵とじ、蒸したテラピアなどがあり、いずれも生粋の台湾料理です。

  • 鴨母寮/失われゆく鴨のねどこ

    昔の農村では、鴨は渓流のそばで飼われており、鴨を盗まれないよう近くで見張るため、現地の稲わらと竹を用いて、雨風を避け、一夜を明かせる小屋を建てました。このような建物を「寮」といい、養鴨家が使うので俗に「鴨母寮」(鴨のねぐら)と称しました。今では少なくなりましたが、「広興農場」では数十年前に建てられた伝統スタイルに則り、大きさ、内部の様子まで忠実に再現し、往時を偲ぶよすがとしており、農家の苦労や勤労ぶりを深く知ることができます。

  • 豆腐乳/昔ながらの手法で作った伝統食品

    農場の自家製豆腐乳は、オーナーの家に代々伝わった製法で作られています。昔、養豚業に従事する前、オーナーの母親は漬物屋を経営して生計を立てており、今では嫁が作業しているとはいえ、昔ながらの製法にこだわっています。豆腐は六つの面のすべてを日光に当てて豆腐の水分を飛ばしてやり、密封発酵の手法で、豆腐を唐辛子と米酒の中に、豆腐のタンパク質がアミノ酸に変わるまで三カ月から半年寝かして、ゆっくりと熟成させています。防腐剤は一切使っておらず、お粥とよく合います。

《データー》

  • 住所:269宜蘭県冬山郷柯林村光華三路132巷12号
  • 電話:+886-3-951-3236
  • ネット:www.pigs.com.tw
  • 公共輸送:北回り線列車または国光客運ガスに乗って羅東駅前駅でおりてタクシーに乗り換え。
  • 車で:国道5号羅東ICおりる→三つ目の信号を右折して羅東市内へ→中国石油給油所のある交差点を右折して約7分間直進→公正路との交差点を右折した後、突き当りを右折して羅東運動公園を通過→北成橋を越えて最初の信号を左折して橋をおりる→光華三路の交差点を右折して到着。
  • GPS:E 121°44'3.1" N 24°41'1.6"