飛牛牧場

緑草一杯の農牧荘園
【苗栗.通霄】

 『飛牛牧場』は酪農文化特質を持っていて、牧場産業を知る為の絶好な場所で有る。同時に、遊憩機能と生態保育のニーズを考慮する為、牧場内の多数工程は石を採用し、枕木などの自然素材を使って、また、生物多様性の生態工法で施作してある。他に『水域生態エリア』内で濕地池を設け、水質浄化する水生植物を多いに植え、園内で使用した廃棄汚水を処理した後に、循環利用をして再灌漑に使用する。来客はここに来ると、牧場の養殖動物を確実に理解し、乳製品の生産過程、また環境保護への用心と実際行為も充分に感じられる。

  • 証プログラム:體驗 餐飲 住宿
  • 有効期限:2011/01/01~2018/12/31

《農場の紹介》

 『飛牛牧場』は50ヘクタールを占め、北台湾で有名な観光牧場である。牛飼いを主に、今『ホルステン牛』(Holstein)と『ジャーセー牛』(Jersey)360頭を飼っている。牧場の景色が綺麗で広い緑草も一杯で、ニュージーランドとオーストラリア農村の異国風情を現している。

 この牧場は『自然、健康、楽しい』を旨にし、『生産』、『生活』、『生態』の『三生融合』の農牧レジャー体験を提供している。園内に『乳牛』、『蝶々』、『可愛い動物』、『水域』、『自然農園』、『森』などの六大テーマ生態エリアを設けてある。農場企劃した歩道に沿って一回りをすると、一つ一つの動植物の風貌が理解できる。

 連棟の木屋を提供し、一棟立ての庭園木屋などの宿泊も選択できる。飲食サービス方面で二つに分けてある。『飛牛レストラン』では中式団体盛り合わせ料理を提供し、『紅穀倉レストラン』は西式セット、イタリア麺、小火鍋セットを主になっていて、料理の中には農場自産のミルクを加え、例えば、看板料理は『特色牛肉鍋』で、風味独特である。また、速食エリアでは多種なミルク製のデザート、ミルクアイスクリーム、ミルククッキー、ミルク飴などは食べる価値がある。

 ここでは牧場の関係活動も多様であって、内容は羊に餌やり、小牛にミルクを与え、鴨ベビーパレート、ミニー馬と馬車の騎乗など、また、肥牛描き、ロック瓶レーター、アイスクリーム、ミルククッキーとミルクケーキのDIY体験ができる。もう一つの農牧風情の楽しいホリデーである。

體驗《レジャー農場の体験》

 『飛牛牧場』の面積は広くて、元のアメリカ式の小屋を来客のサービスセンターと飲食空間に改築し、『農場施設レジャー化を結合する』特点を発揮している。農情の特別な感じを提供している。酪農文化も強調し、牧場の資源を充分に運用していて、この特質を環境と活動の中に融合して、飲食まで伸びた商品も関わっている。それらも『牛』と関わり、中には農場加工品(チーズ、クッキー類)、お土産記念品(食品、宿泊の飾り物)、体験活動(牛に餌を与える、描き、写生)、セット旅(一日旅と半日旅の企劃)などがあり、豊富性が一杯で、教育性、趣味性と創意価値も兼ねている。なお、セルス推進でも、実体売店を設け、ネットショップも作ってある。

 他に、体験空間が広くて明るく、設備も完備で、子供達に専用の人体工学の椅子も用意してある。同時に、教室内も『消毒アルコール』を置いてあって、衛生安全の重視をしている。環境維持の方面は牧場内の樹木、植物が農薬と化学薬剤を使用しないで、生態工法を使って蓄水池浄化と水資源を回収し、また、周囲の自然生息地で多様性な昆虫や動植物を育成する効果が非常に良いである。

餐飲《レジャー農場の飲食》

 食事するのは『飛牛レストラン』、『紅穀倉』、『インスタントショップ』三カ所である。違う料理を提供していて、明るくて、ライト、机と椅子、更に背景音楽も農場テーマを現してある。厨房器具も清潔で、衛生ときちんとした整備であり、油と水分離施設と風を良く通す施設も十分用意してある。厨房環境は爽やかな感じで、異味なし、定期的に衛生検査をし、食器清潔で、設備完璧、衛生管理も良くしてある。

住宿《レジャー農場の宿泊》

 各棟の宿泊施設は各テーマスタイルを強調し、客室の施設と配置も特色を現してある。客室設備は完備で、適切度も高いであって、清潔さも高く、客室清潔衛生検査の管理も完備してある。農場近くの大部分エリアの宿泊、飲食と体験教室は全部無障害空間になっている。

《旅行の推奨》

  • 牧場の体験/動物に親しむ暖かい時間

    『飛牛牧場』でもっとも特色のある活動は『動物に親近する』である。例えば、『牛ママのミルク絞り』は雌牛の乳首をどういう様に掴む、新鮮なミルクを絞る方法を学ぶ。『小牛にミルクを与える』は、乳瓶を持って、牛母の代わり、小牛にミルクを与える;『鴨ベビーパレート』は鴨を柵から放して、A地で予備して、B地にいるお客さんに餌を配り、スタッフが鈴を鳴らすと、鴨の群れが一気にBのところに飛びつけて行く仕組みになっている。

  • ロックなミルク瓶/遊べる、食べられる収穫

    牛乳は牧場の中での特産で体験活動の主役でもある。例えば、濃く牛乳をガラス瓶に入れて、10分ぐらいでシェークしたら、バターになってしまう。熱いパンに塗って頂くと美味しい午後のテイタイムである。食べ終わったら、空き瓶を使って絵書き、願望を書いたりすると、またもう一つの記念品ができる。

  • ミルククッキー/ミルクのいい香りが漂う手作りクッキー

    『手作りクッキー』の美味しい魅力は誰でも阻止できない。『飛牛牧場』に来ると、新鮮ミルクでクッキーを作るチャンスを見逃さないである。ミルク、バター、パウダー、小力粉、砂糖、卵などを使って混ぜると、麺団になって、自分が好きな形にしてから、オーブンに10〜15分入れれば、一皿の『ミルククッキー』が出来上がる。

  • 肥牛描き/もっとも特徴のある思い出

    『飛牛牧場』では、沢山、牛をテーマにした用品と飾り物があって、可愛い模様はいつもお客さんに愛好されている。もし一つを持ち帰りたいであれば、『肥牛描き』の体験活動に参加すると、白い陶器模型の牛が貰えて、個人の創意を発揮し、模型の上に自分が描きたい色彩と模様を書き、乾燥したら、牧場休暇に属する思い出を持ち帰る。

  • 牛乳製品/もっとも人気のあるお土産

    『飛牛牧場』は台湾で初めて、オーストラリアから輸入して来た『ホルステン牛』(Holstein)の牧場である。これはイギリスの品種で、乳脂肪率が極めて高い、しかも香りが良く、濃いで有る。其の故、牧場はミルクをアイデアにし、乳製品を沢山開発して来て、中には、ミルク饅頭、チーズ饅頭、焼きプリン、牛乳棒、ヨーグルト、牛乳入浴剤、シャンプ、精油など、代表性のあるお土産で、贈り物か自分用でも最適である。

《データー》

  • 住所:357苗栗県通霄鎮南和里166号
  • 電話:+886-37-782-999
  • ネット:www.flyingcow.com.tw
  • 公共輸送:台北、桃園エアポートか新竹高鐵ステーション、烏日高鐵ステーションに專門出迎えバスがある,6人乗りで,費用は1700元から。
  • 車で:國道3号144kmで通霄交流道出て、→128県道で通霄へ→台1線南下り(通霄外環道)に接する→台1線133km所でトンネルを潜ってから左折で121県道に行く→約8kmを行進すると到着。
  • GPS:E 120°44'01" N 24°26'25"