平林レジャー農場

四季山水の美景が次々と映る
【新北市.雙溪区】

 『平林レジャー農場』は豊富な昆虫、動植物生態があり、特別に『農村体験エリア』を企劃し、伝統的な農家風情を現している。参観とスタッフの導覧解説を通して、自然景観と農業文化の関わる知識が充実できる。また、手作りで、参加者に実際な農村生活の実況を体感でき、「視聽嗅味觸」五感とも満足でき、環境教育の場所として非常に適切である。

  • 認証プログラム:體驗 餐飲 住宿
  • 有効期限:2011/01/01~2018/12/31

《農場の紹介》

 『平林レジャー農場』は平林渓流域に位置し、敷地は12ヘクタールを占めている。農場の主人は開発する前に自然生態保護を主旨にし、台湾伝統な農村施設、自然資源、地方の人文などを努力して結合している。今、この農場はソフトウエア、ハードウエア施設も兼備で、更に台北地区の蝶々と蛍の観賞する一番良い場所で有る。お客さんは一年四季に来ると、違う美景が観賞でき、違う農村の風情も体験できる。

 農場内の生態は非常に豊富で、十大テーマの生態区に分けて、蕨類植物區、蘭花植物區、珍稀植物區、水生植物區、變色葉林道、蜜源植物區及亞熱帶次生林等があって、スタッフが導覧解説もしている。登山区にも野薑花、茶花、桂花、杜鵑、桃花、櫻花、油桐花、楓葉林、竹林と各式の果樹を植えて、四季景色の代わりでとても綺麗である。他に、『好漢坂』の登山歩道に沿って上がると、林間の芬多精を吸えるし、山頂の涼庭に着くと双渓、平林の景色を眺めるし、視野が広くて、精神が良くなる。

 農場は自然工法を採用している為、環境生態の維持は良好で、沢山の原生虫、鳥、魚、獣は依然としてここで生きて繁殖している。どこでも活躍のリス、蛙と多彩多姿な蝶々、蛍などの各種昆虫、また、台灣藍鵲、紅嘴黑鵯と小彎嘴畫眉などの鳥類が見えて、都市から来たお客さんに大自然の生命脈動を感動してもらう。

 同時に、ここでも伝統的な農家の特色も見える。慎重に配置された農村体験区は完全に古式の農村景観に沿って作り、龍骨水車、焢窯、牛車等の農具設備を陳列し、人に充分お爺さんお婆さんの時代の生活文化を感じられる。他に、農場も多種なDIY活動を設計し、中には竹編み、愛玉洗い、山薬団子作り、野薑花粽つくりなど、農家の気分が濃く満ちている。

體驗《レジャー農場の体験》

 この農場は元、非農業生産基地ではないが、蜜源植物と珍奇植物を主にし、自然環境に接近する気分を作った。また、自然農法耕作を使用し、わざと、除草剤を使用しないで、蝶類生息、動物昆虫がここで繁殖している。生態を良好に維持して、生物の多様性が高いである。他に、多数の建築は古式に設計し、特に古宅を改造して、宿泊用の部屋、レストランのVIPルームにし、また、農具を展示と農村生活の体験施設を加えている。例えば、水車、打水機、石臼などがある。専門な解説を配合すると、教育性と趣味性は良くなり、全体の内容は豊富である。

餐飲《レジャー農場の飲食》

 平林レジャー農場は所在地の双渓区の特産を使用する。野薑花と山藥を料理に入れ、また、野薑花粽、野薑花ソーセージ、野薑花ケーキとクッキーなどの料理創意を加え、細かい刀工を運用して、山薬を細長い糸状の山薬細麺に切り、非常に特色が有る。他に、農場厨房内の冷凍と冷蔵は足りて、放置も綺麗で、食材の保鮮ども良いである。調理器具の陳列も整列に並べて、清潔で、提供している食器も環境保護の意思もあって、管理良好である。

住宿《レジャー農場の宿泊》

 主要な宿泊区は木屋造型を採用し、山林環境と融合である。他に、既存な家を客室に改造し、在地の特色もある。部屋内では基本設備もあって、清潔管理も良好である。公共空間の方面には、爽やか、安全で、園区から宿泊区の歩道も特別に斜め坂に設計し、出入りの便利さが良いである。

《旅行の推奨》

  • 観日の登山歩道/ゆっくり歩いて山道の風景を観賞する

    『平林レジャー農場』の腹地は山毎を含め、山全体が専属の登山路線に成っている。農場は山の勢いに沿って、歩きやすい歩道を企劃し、また周辺に多様な樹種を植えている。吊り橋から、目に入ったのは『メイプルの登山歩道』で、『ちょっとまっ亭』を通り過ぎると『桜歩道』に接する。続いて『賞花亭』に着くと、油桐花と竹林区である。最後に着くのは『観日亭』だ。この歩道に歩くと、毎一段に違う風景が有り、四季によって、花の葉っぱ色は変化し、賑やかである。観日亭では双渓市区と農場の山景色が見えて、日出日落の時に、更に光影変化を観賞でき、本当に魅惑である。

  • 十大テーマの生態区/多元な動植物を親近する

    農場は自然環境の維持を強調し、十大テーマ生態区が有る。蕨類植物區、蘭花植物區、珍稀植物區、水生植物區、變色葉林道、蜜源植物區及亞熱帶次生林等がある。多種な鳥類、昆虫と蝶々の出没を吸引する。来客には近い距離で観察し、更に大自然に親近ができる。他に、農場内でも野菜養殖区と果物森を企劃し、野菜を認識する、野菜を植えるの機会を提供し、現場でも自ら採った果物を食べ、『樹頭鮮』の味を味わおう。

  • 農村の体験区/昔農家の生活に融入する

    ここは二つの原木作りの竜骨水車、手揺れの打水機、石臼、焢窯、牛車といろんな形の農村器具がある。また牛、羊、鶏、鴨、トルコなどを養殖していて、水牛耕田の模型を陳列して、充分に昔農業社会時代の『田舎』の雰囲気を反映している。ここに来ると、目で見る以外は、手で打水機、石臼、水車を遊んでいて、田んぼに入って土を掘り、実際に『胼手胝足』の農家生活を実際に感受する。

  • DIY活動/自分の手で作る伝統美食

    農場内に濃い農家の気分に答えて、主人は各種体験活動を企劃し、農村特色の在地文化が満ち、竹器編み、踩高蹻見たいな事は楽しくて、技術も入ってある。その他に、おいしいデザートのDIY教学も歓迎されている。例えば、野薑花粽、山藥湯圓、愛玉冰等、在地の食材を強調する上で、皆さんに一歩一歩、材料の準備から切り、洗い、煮込みの全部の過程を理解し、実際の技術を学べて、また、自分が作った成果も食べ、大人も子供も楽しくなるはず。

  • 夏季の蛍季節/地平線上の星達を探せ

    独特な自然資源ある為、『平林レジャー農場』は台北地区で蛍と蝶々を観賞する知名聖地に成っている。毎年の春夏交際の時に(四、五月ごろ)、夜に成って来ると、山中で『光点』が満々と成っていて、ピカピカと舞い上がって、まるで地平線上で一万個の星が散らかしていて、人に喜びと感動を与える。この時の農場は特別に『蛍季の体験キャンプ』を挙げ、昆虫専門家が皆を連れて、蛍の成長環境、生命変化、発光の秘密を探索する。いつも受付が一杯で、人気が超高いである。

《データー》

  • 住所:227新北市雙溪区平林村外平林35号
  • 電話:+886-2-2493-4016
  • ネット:www.ping-lingfarm.com.tw
  • 公共輸送:電車に乗って雙溪駅で下車,步行約15分かタクシーに乗り換え約3分で着く。
  • 車で:國道3号から國道5號に接し石碇交流道で出て→信号に合ったら左折106県道で平溪方向に向け→平溪市區で106県道67.8キロの所で右切、雙溪方向に→平雙トンネルを潜れば着く。
  • GPS:E 121°50'29" N 25°02'16"