春田窯リゾート農場

楽しめる薪窯作りの人々
【苗栗県.三義鄉】

 「春田窯リゾート農場」は積極的に「陶窯の芸術」をプロモーションして、農業を取り込んで、お客様に伝統的な農家の「生活」と「生産」のつながりを体感いただき、自分の手でろくろを製作し、田舎の野菜を食べたりなどを体験して、もっと自分がいる環境、土地、人文の「生態」と「命」の価値が理解でき、とても環境教育の意味があります。

  • 認証プログラム:體驗
  • 有効期限:2015/01/01~2017/12/31

《農場の紹介》

 静かな山の坂にある「春田窯リゾート農場」、薪窯の芸術は有名です。オーナーは廖增春さんの強い求めで、何十年からソウシジュで陶芸を焼いています、伝統的な薪窯の方法を維持するために、陶芸の製作を伝承しますので、農場のひとつのユニークです。玄関に入ると、アブラギリ芸術壁はすぐ目に入ります。これは陶芸家王泰銘さんと観光客の創意を取り組んで作られた作品で、「春田窯」の趣旨にも言え、「もっと沢山の人々に陶芸の面白さを体験いただきたい」という特色です。

 敷地約二甲の農場では、薪窯区、ろくろ、陶芸展示区もあり、また果物、野菜、植物などの有機を栽培する菜園もあります。景色のいい竹林アブラギリ区、キャップ区及び田舎のレストラン、午後のコーヒーショップなどの施設。ですから、「春田窯」にお越し頂いたら、ろくろを作ることもでき、陶芸の楽しさも体験できます。陶芸家の作品を観賞しながら、オーナーと一緒に、よく見かける動植物を見て、ストレスのない自然環境を体験しましょう。

 それ以外、一番お勧めは「柴窯雞」(薪窯作りの鶏)です。多くの観光客は食べにくるために、ここに訪れます。オーナーはお勧めの料理で、「柴燒窯」(薪窯作りの鶏)を食べてみましょう。視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚にも関わらず、人を満足させ、古風を溢れる「春田窯」の魅力です。

體驗《レジャー農場の体験》

 「春田窯リゾート農場」は「薪窯の陶窯」をテーマにして、自らの稲田、有機菜園、赤レンガの建築、壁に沢山の甕や瓦を飾られ、古風や素朴な雰囲気を溢れる農家です。

 自然環境の守りにおいては、「無農薬」の自然農法であり、自ら生産した有機肥料を使って、菜園や稲田を灌漑し、雨水を貯める用の池を作っていますので、様々な蛙類、昆虫なおどがあります、毎年の4、5月の間に、アブラギリ花があり、夜になると、蛍を見ることができます。

 また、農場は自らの資源を使って、「陶芸の宣伝」を主にして、次に「農場の楽しさと共存」で、自然生態環境と自製の農家料理を取り組んで、それに関わる体験を提供します。たとえば、陶芸教室を施設し、地元の陶芸家を雇って、農村生活や陶芸の伝承を行います、有機菜園で植えた季節の野菜や果物を使って、田舎の客家料理を提供し、「薪窯」の設備を使って、ユニックなグルメ「柴窯雞」( 薪窯作りの鶏)を作ります。それ以外、陶芸をもっと上手になるために、昔の竹で編んだ方法で、「アブラギリの竹籠」などの商品を創出します。それに高温で、うわ薬を掛けずに薪窯のお茶組セット、薪窯のコーヒーコップなどの記念品を焼成し、生活の中から、お客様に、陶芸の美しさをご理解いただき、素朴な農家の陶芸の素晴らしさを体感いただけます。

《旅行の推奨》

  • ロマンチックな森林を歩きながら、/アブラギリ花と蛍に見に行こうか

    都会を離れて、農場はのんびりで自然環境を持っています。春と夏の切り替え、種稲の時にちょうど蛍とアブラギリ花の時期です。四月の終わりから5月の初めぐらいに、山にたくさんの白いアブラギリ花を盛んでいて、とても綺麗です。ここで、お花見をしながら、午後のお茶を飲んでいて、とても楽しそうです。夕方になると、暮色の時、たくさんの蛍が飛んでいて、星のような光で独特な夜景が見えます。キラキラで見ると目を離せないぐらいです。もし、この時期に観賞してから、十分ではない場合、次の8月、9月の夏の終わりから秋の初めぐらいにまた訪れましょう、この地域で蛍観賞のいい時期で、絶対、もう一度見る価値があります!

  • 薪窯を見て、火が懐かしいね/ろくろを作って、自分の手で農家の陶芸を作りましょう

    ろくろを作らなければ、「春田窯」に来たことがないようです。農場では、陶芸教室があって、沢山の専門的な先生を雇って、指導を行います。素人でも、いい作品が作れないことを心配しません、コップ、皿、茶碗などの日常生活の食器はやりたいなら、思ったとおりにうまくいけます。しかし、製作してから、三日間が掛かって焼成する必要です、それに、薪窯をご利用できる時間は1月に2回しか窯起こしをしないので、自分なりの記念品を取るまで、お待ちいただける必要です。

  • 捏薪窯を見て、火が懐かしいね/ろくろを作って、自分の手で農家の陶芸を作りましょう

    ろくろを作らなければ、「春田窯」に来たことがないようです。農場では、陶芸教室があって、沢山の専門的な先生を雇って、指導を行います。素人でも、いい作品が作れないことを心配しません、コップ、皿、茶碗などの日常生活の食器はやりたいなら、思ったとおりにうまくいけます。しかし、製作してから、三日間が掛かって焼成する必要です、それに、薪窯をご利用できる時間は1月に2回しか窯起こしをしないので、自分なりの記念品を取るまで、お待ちいただける必要です!

  • 周辺の観光スポット一日巡り

    農場の周辺には、沢山の観光スポットがあって、それに山の景色が綺麗です。ここに来て頂ければ、近くの沢山のスポットもついでに「一日巡り」ができます。たとえば:勝興駅、龍騰断橋、向日葵の花、挑筍古道 大湖卓蘭で果物取りなどです、季節によって、違うコースを手配して、休日にもっと楽しめます。

《データー》

  • 住所:苗栗県三義鄉雙潭村大坪7号
  • 電話:+886-37-877-520
  • ネット:www.springkiln.com
  • 公共輸送:
    1. 電車:山線, 三義駅に下車、そこはバスが運行されていませんので、タクシーに乗り換えます。
    2. 客運バス:豐原客運バス、「台北-豐原」の方面路線に乗って、「三義裕隆汽車」の前に下車、そこから、タクシーに乗り換えます。
  • 車で:国道1号中山高120キロのところに、三義交流道を出て、右へ台13線に入って、三義方向へ行って、三義木雕街約1キロのところを経由し、大湖方向(光復路口)へ、右側に曲がって、苗130線直行へ天后宮を経由してから、左側に曲がって、新基隆方向へ苗119線直行1キロに沿って、「客家書院」に着いてから、右側へ運転して、あと1キロ到着します。
  • GPS:E120.47.560 N24.24.352